合宿免許の持ち物・服装・ネイルなど

合宿免許と向きあうとは、どのような服装ならいいのか、そこまでしっかり検討する必要があります。

果たして持ち物には何が必要なのでしょうか。

またネイルなどOKでしょうか。

今回、そのような問題を解決します。

合宿免許といったらムーチョ

合宿免許で必要な持ち物

とにかくあなたは、通学での運転免許取得ではなく合宿免許という選択をした訳ですから、それなり用意が必要です。

慣れない場所で二週間程度過ごすとなれば、相当荷物を用意しなければならないと考えてしまいそうですが。でも、荷物の持ちすぎも相当不自由しそうです。

まず、持っていかなければならないものに優先順位をつけてみましょう。

まず、あなたは鞄を決定して、そこに留まるために何を持っていき、何をやめるかという選択をすれば上手くいくのではないでしょうか。

合宿での運転免許取得で側にスーパーマーケット、コンビニがあるかによっても荷物の量は変わってくるでしょう。現地で調達出来るものは省く気持ちを持ってください。

また、合宿免許の目的は運転免許取得です。運転免許証取得に必要なものは忘れず持っていくようにしなければなりません。必要書類を忘れていることが発覚した場合、忘れた書類によってはその日から教習に参加出来ないケースがあります。

どのような服装で行けばいいの

合宿免許にどのような服装で行けばいいかも、もう一度チェックしておきましょう。

ここでも目的は運転免許取得なので、教習を受けるときには動きやすい服装です。

女の子たちはスカートはなるべく避けた方が賢明でしょう。

男性の人たちも、だらしのないブカブカの服では、ちょっと運転に支障が出て来てしまうかもしれません。

やはりある程度、教習を受けているということを意識する必要があります。

また地方で合宿免許ということがあり、非常に寒いこともありますので、防寒対策もしっかり考えてください。

ネイル、靴など

まだまだ合宿での運転免許取得において注意をしなければならないことがありますが、靴に対しても運転しやすいものを考えてください。

クルマの運転は、ブレーキ、アクセルを踏む際、履いている靴で運転のしやすさが左右しますす。タイトスカート・マキシ丈のスカートなどはNG、サングラス・カラーコンタクトもNG、また合宿での運転免許取得でネイル程度はどのようなものでもいいと考えてしまうかもしれないですよね。

いえ、そうではありません。長いネイルは、教習前に短くして向きあうようにしましょう。

関連記事