合宿免許の自由時間おすすめの過ごし方

合宿免許は、非常にスピーディーに運転免許取得することができる方法です。それは、スケジュールが綿密だからであり、自由時間なんて合宿免許にはそもそも存在しないと思っている人たちもいるかもしれないですよね。

しかし、実際に行けば、合宿免許には、結構自由時間もあることに気付くでしょう。

さて、合宿での運転免許取得では、それぞれの人たちが、どのような方法で自由時間を使っているのでしょうか。

ムーチョで合宿免許を探そう

合宿での運転免許取得には自由時間がある?

合宿での運転免許取得は、やっぱりスケジュールはハードはハードです。基本休日はないという発想でいいでしょう。

普通車ATであれば、2週間の最短プランで技能教習31時限、学科教習26時限を終了しなければならないので、必然的に休みのゆとりなど存在していないのです。

しかし、自由時間はあいまあいまに存在し、教習のあいまを利用して、近くの観光スポットで出かけたり、ショッピングに出かけたりする時間はあります。

また、合宿での運転免許取得によりますが、日曜は休みというケースもあることはあるようです。

合宿免許の自由時間はどの程度?

さて、合宿での運転免許取得の自由時間はどの程度あるのでしょうか。

自由時間がないならないで、本当にそんなハードなのかと心配になってしまいますよね。

合宿免許は、午前中教習を連続して受けるなどし、午後2時くらいまではぎっしりという感じですが、その後には長めの自由時間があったりします。

その場合、結構まとめて長い自由時間がセッティングされていたりします。 地方の合宿での運転免許取得では、そのような長めの自由時間をセッティングして、観光など楽しむようにプランを組んでいたりすることもあります。それだけ教習はタイトということになりますが。

でも、やっぱりメリハリもあり、その方がいいという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

また、ある合宿での運転免許取得の場合、教習受けたら自由時間、また教習、学科、次は自由時間→教習という感じで、あいまあいまに自由時間を挟む代わりに、自由時間は短めということもあります。

これでは、なかなか観光モードにはなることができないかもしれません。

また、自由時間はなんのために必要かということも考えてみましょう。自由時間とは、一度リラックスして、次の教習のための準備期間なのです。ですから、自由時間に思い切り観光で遊んでしまえば、疲れてしまうかもしれません。

そして、自由時間とは、前回の教習のミスを反省するために存在しています。