バラの特徴

バラ辞典


バラの特徴


なぜ、多くの人たちは他の花ではなく薔薇がいいというのでしょうか。バラの女王といえばダマスクローズのことです。こんな薔薇をプレゼントされれば、誰もが高貴な人になることができるでしょう。

【ダマスクローズ】

ダマスクローズは、ロサ・ダマスケナという品種の別名です。ロサ・ガリカとロサ・モスカタの交配から生まれ、 ハイブリッドローズでオールドローズの中でもとても注目されている薔薇です。

更に、香りが高く、精油成分を多く含んで、香水成分としても、ローズオイルを抽出するため原料として注目されています。

ジャムや砂糖漬け、ハーブティーと言ったものにもダマスクローズ(エディブル・ローズ)が使われています。

【ダマスクローズの主な産地】

ダマスクローズの主な産地はブルガリアです。「バラの谷」と呼ばれる広大なバラの産地があり、300年以上もの間、農薬は一切使わないで、大切に薔薇が育てられてきました。そして、その日のうちに、特に香り高いダマスクローズは、高品質なローズオイルにも変身します。ブルガリア産のダマスクローズは、 バラ本来の香り代表しているとまで言われています。

毎年5月中旬から6月上旬にかけて、ブルガリアでは「バラ祭り」が開催されています。ブルガリアでもっとも有名な祭りです。ダマスクローズに耳を近づけてみれば、そのような遠くの国の賑わいの声も聞こえてくるのではないでしょうか。

ブルガリアでは更に、世界的に評価されるローズオイルを作り、その品質を守るため、独自の専門機関を設けていたりします。ブルガリアという国は、真剣に薔薇と向きあい、育てようという強い気持ちを持っている国であり、そのような国のモチベーションによって薔薇は美しく守られています。

【薔薇の香りの効果】

イライラした気持ちの時、まさに薔薇という存在は、あなたをリラックスさせてくれる手段です。薔薇のニオイの特徴として、甘く華やかな香りのあるダマスク系と、紅茶のような優雅な香りのあるティー系があります。

ティーローズには、鎮静効果、安眠効果、更に美肌効果などがあります。鎮静効果が高いと言われているラベンダーの精油よりも、 香りを嗅いだ後の脳波の測定値は高いということがわかっています。

中国が原産のロサ・キネンシスが、ティーローズの中でも有名です。日本では、コウシンバラと言います。

また薔薇の特徴して、漢方薬としても古くから親しまれています。

クレオパトラはバラの花びらを一杯に使用したバラのお風呂を好んだと言われています。一度みなさんもそのような体験をしてみてはいかがでしょうか。